リビング特集
2013年11月11日
今欲しいのは、一生モノの椅子

インテリアを愛する者たちが作り上げた家具が誕生。作り手の顔が見える椅子『AOYAMA』



AOYAMA
次へ
前へ
前へ1 / 10次へ
このギャラリーを共有する

インテリアショップACTUSは、マルニ木工との共同プロジェクトによる新作家具シリーズ『AOYAMA』を発表。デザインは深澤直人氏が担当している。ありそうでなかった、ふつうでいてふと目に留まる、その洗練された美しいシルエットと座り心地ちを追求した新作チェア。その椅子に座る人の生活に溶け込み、その人生において永く愛され続ける逸品になるにちがいない。

『AOYAMA』とは、”より上質で、時代に左右されず人々に永く愛され続ける家具”というコンセプトをもつプロジェクトの第一弾。
2014年1月末正式発売される予定。
 

AOYAMAサイドチェア(写真 左・中) W44.2×D50×H78×SH43.7 5万9000円(税抜・予価)
AOYAMAアームチェア(写真 右) W51.2×D50×H78×SH43.7 5万9000円(税抜・予価)
AOYAMAシリーズは、2014年2月より全国のアクタス直営店・パートナーショップで販売予定。
※価格やサイズなど仕様は、変更の可能性あり

PR

[PR] お役立ち情報

  • このページ上に表示される記事内容、あるいはリンク先の記事内容はMSNおよびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。